【効果抜群】骨で痩せる!骨ストレッチのやり方:肩こり解消・二の腕痩せ・背中痩せ

美ボディとは、痩せすぎず、健康的で女性らしい美しいボディラインをしている身体のこと。

最近、美ボディメイクを行っている専用ジムも見かけるようになりましたね。

美ボディを手に入れるために必要なのは、骨格を整えて、本来の正しいプロポーションの基礎を作ること。

骨を整えることで、痩せやすい身体、美しいプロポーションの基礎が作れるのです。

つまり、キーポイントは骨!

そこで注目したいのが、「シューイチ」、「教えてもらう前と後」など、多くのテレビ番組で取り上げられ、今話題沸騰中の骨ストレッチ

考案者は、スポーツケア整体研究所代表の松村卓さん

アスリートだった自身の経験をもとに考案されたのが、筋肉ではなく、骨を使うことに重点を置いた骨ストレッチ。

骨ストレッチは、たった1回のストレッチで驚くような効果を発揮することが証明されています。

この骨ストレッチ、本来のストレッチで得られる効果だけではなく、ダイエット効果、美ボディ効果もあると、素敵女子の間で話題沸騰中です!

骨ストレッチとは

骨ストレッチとは、従来の筋肉にアプローチするストレッチではなく、その名の通り、骨を上手く利用して、効率よくストレッチを行うという新しいストレッチ方法です。

骨を動かすことで、一部の筋肉だけではなく、繋がっている筋肉全体に効率よくアプローチすることができます。

また、筋肉を柔軟なものにするだけではなく、関節の可動域が広がり、体のゆがみ、全身のバランスを整えることができます。

ダイエット効果、美ボディ効果もあると健康や美を追求する女性の間でも、本当に効果のある新しいストレッチ法として話題沸騰中です。

骨ストレッチのやり方

ストレッチは痛い方が効果があると思われている方もいますが、それは関節の炎症やケガに繋がる恐れがあります。

ストレッチは無理せず、ほどよく行った時、効果を一番発揮します。

効果を期待するあまり、ついつい無理をしてしまう気持ちも分かりますが、無理をせず、痛気持ちいいと感じる程度に留めましょう。

骨ストレッチの基本ポーズ

〈手順〉

1.右手の親指と小指をくっつける。

2.右腕の肘を肩と水平に90度に曲げる。

3.左手の親指と小指で、右手首の骨が出っ張っている部分を軽く掴む。

これが骨ストレッチの基本ポーズです。

なぜ親指と小指を使うのでしょう?

実は、親指と小指は、手で行う作業において、それぞれ異なった役割を担っています。

親指:ブレーキ筋

小指:アクセル筋

この2本の指を使うことで、自然と全身の力を抜くことができ、ストレッチを行うのに理想的な環境を作り出してくれるのです。

その結果、大きな動きで効率よく、幅広い範囲の筋肉に働きかけることが可能になるのです。

肩甲骨の骨ストレッチ

効果:肩こり解消、二の腕痩せ、背中痩せ

〈手順〉

1.肩幅よりも少し広めに足を広げて立つ。

2.骨ストレッチの基本ポーズをとる。

3.左足の屈伸運動を利用し、右腕90度をキープしたまま、水平に後ろへ腕を引く。

4.7回、深呼吸をしながらゆっくり行う。

5.基本ポーズを右から左に変える。

6.右足の屈伸運動を利用し、左腕90度をキープしたまま、水平に後ろへ腕を引く。

7.7回、深呼吸をしながらゆっくり行う。

POINT 1.

上半身だけの力でひねるのではなく、足の膝から肩までの大きな範囲を1つの大きな筋肉と考えて、全身でストレッチをしている感覚で行うこと!

POINT 2.

深く息を吐きながら、ゆーっくりと時間をかけて行うこと!

まとめ

肩甲骨の骨ストレッチ、左右7回、1日5分!

たったこれだけで、長年の肩コリ解消が解消されるだけでなく、二の腕も背中痩せるという、とっても魅力的なストレッチです。

1回行っただけでも肩こりが楽になったり、腕が楽に上がるようになったりと、効果は抜群です!

他にもウエストのくびれ効果のあるストレッチや、小顔効果があるストレッチなどもあります。

考案者のスポーツケア整体研究所代表の松村卓さんの著書を読んでみたり、ご本人が出演されている解説動画も参考にしてみてください。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク