【最新2018年版】LINEモバイル|格安SIM人気No.1、詳細、料金プラン、通信速度、口コミ評価、評判、解約、CM

LINEモバイルとは

LINEモバイルは、今、国内でユーザー数が一番多いであろうSNSアプリ「LINE」が、2016年9月からサービスを開始した格安SIM(MVNO)事業者です。

認知度・満足度・口コミ評価は非常に高く、サービス開始から1年も満たない2017年6月には「格安SIMアワード2017上半期」で最優秀賞を受賞をするなど、今、一番勢いがあり話題の格安SIM事業者です。

LINEモバイルは、格安SIM業界ではまだ新参者ですが、「格安料金・SNS系アプリの通信料0・通信速度最速」など、他の格安SIM事業者と比べると1ランク上のサービスを提供している点がポイントです。

LINEモバイルは、毎月お得なキャンペーンも行っているなど、ユーザーに対するサービスも充実していて、評判も良し!

現在、本田翼ちゃんとコラボしたCMで話題のLINEモバイルは、これからもどんどん進化していく期待度No.1の格安SIM事業者です。

最新情報

SNS使い放題 新・月300円キャンペーン

キャンペーン名:

SNS使い放題 新・月300円キャンペーン

キャンペーン概要:

キャンペーン期間中の新規契約で、月額基本利用料が3ヶ月間1,390円割引になるお得なキャンペーン

(LINEフリープランの場合、月額基本料金が3ヶ月間900円割引)

キャンペーン期間:

2018年11月7日 (水)  ~ 2019年1月31日 (木) まで
※2019年1月31日(木)までに利用開始日を迎える必要がある
※店頭契約の場合は、2019年1月30日(水)までに申し込みが必要

キャンペーン対象者:

音声通話SIMを契約し、2018年11月7日 (水)  ~ 2019年1月31日 (木) までに利用開始日を迎えた方

利用開始日:
【ドコモ回線で契約の場合】

新規番号申込み:
商品が発送された翌々日

MNP転入申込み:
「利用開始手続きが完了した翌日」か「商品が到着した翌々日」のどちらか早い方

【ソフトバンク回線で契約の場合】

新規番号申込み:
「利用開始手続きが完了した翌日」か「商品発送日の8日後」のどちらか早い方

MNP転入申込み:
「利用開始手続きが完了した翌日」か「MNP予約番号有効期限の最終日の翌日」のどちらか早い方

注意事項

・キャンペーン適用の起点日は「利用開始日」

・キャンペーン期間中に申込みを完了していても、2018年11月7日 (水)  ~ 2019年1月31日 (木) までに利用開始日を迎えていない場合はキャンペーン対象外

・申込みから利用開始まで数日以上時間がかかる ※月末・月初は申込みが集中し混雑が予想される

・開通日や利用開始日の指定・変更はできない

・音声通話SIM(ドコモ回線/ソフトバンク回線)がキャンペーンの対象

・データSIM、データSIM(SMS付き)はキャンペーン対象外

・データSIM、データSIM(SMS付き)で契約した場合、音声通話SIMへの変更はできない

・割引が適応されている3ヶ月間でもプラン変更可能

・回線変更はキャンペーン対象外

・キャンペーン期間中に新規・MNPにて音声通話SIMの利用を開始し、キャンペーン期間中に回線変更をした場合は、割引は継続される

・キャンペーンコードやエントリーコードを利用した申込み、マイページからの追加申込み、招待URL経由での申込みもキャンペーン対象

・割引適用の対象となるのは、月額基本利用料のみ(オプション料・通話料・端末代・その他手数料などからの割引はなし)

・SNS使い放題の対象となるSNSは、申込みプランによって異なる

・契約初月に解約した場合は、キャンペーンの対象外音声通話SIMを利用の場合、利用開始日の翌月を1ヶ月とし、12ヶ月目の末日までが最低利用期間となり、その期間内に解約、MNP転出をする場合、9,800円 (税抜) の解約手数料が発生する

・キャンペーン期間中に解約した場合、解約月までが割引の対象(それ以降の割引分について、月額基本利用料以外での適用や返金などの対応は行わない)

・支払いが確認できない場合やLINEモバイルが定める規約などに違反した場合は、キャンペーンの対象外となることがある

・キャンペーンの期間、内容は、予告なく変更される場合がある

動く!人気キャラスタンプ配信

LINEモバイルのTVCMで本田翼ちゃんとコラボした人気キャラクターのスタンプが貰える!

配信は、2018年11月6日 (火) ~!

LINEモバイル公式アカウントと友だちになるとスタンプがダウンロードできます。

LINEモバイル3つの料金プラン

LINEフリープラン

月500円から始められるお財布に優しいプラン。

データ容量は1GB。

1GBあれば、メール (300文字) 約66,000回、HP閲覧 (300KB) 約3,300回、YouTube (360P) 約4MBを約4時間見ることができます。

もしデータ容量を使い切ってしまっても(通信速度制限がかかっても)通信速度はそのままでLINEアプリは引き続き利用できます。

普段からあまり携帯を使用しない人やWi-Fi環境下にいることが多い人は、こちらのLINEフリープランがおすすめです。

データSIM 月額500円
データSIM (SMS付き) 月額620円
音声通話SIM 月額1,200円

コミュニケーションフリープラン

このプランの最大のポイントは、SNS系アプリLINE、Twitter、Facebook、Instagramがデータ消費0で使い放題ということ!

もしデータ容量を使い切ってしまっても(通信速度制限がかかっても)データフリー対象サービスの通信速度はそのままなので引き続き快適に利用できます。

3GBあれば、メール (300文字) 約198,000回、HP閲覧 (300KB) 約9,900回、YouTube (360P) 約4MBを約12時間見ることができます。

使いたいデータ容量を3・5・7・10GBの中から選べるので、自分にぴったりの容量のプランで契約しましょう。

容量 データSIM (SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,110円 月額1,690円
5GB 月額1,640円 月額2,220円
7GB 月額2,300円 月額2,880円
10GB 月額2,640円 月額3,220円

MUSIC+プラン

LINE MUSICは、月額750円で利用できるオンデマンド型音楽配信サービスです。

いつでもどこでも聴きたい曲・アーティストを選択して再生やプレイリストの作成などを行うことができます。

このMUSIC+プランだと、音楽・音声の再生や保存、歌詞や文章の閲覧等にかかるデータ通信料が0円になります。

SNSだけでなく、音楽も楽しみたい方におすすめのプランです。

容量 データSIM (SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,810円 月額2,390円
5GB 月額2,140円 月額2,720円
7GB 月額2,700円 月額3,280円
10GB 月額2,940円 月額3,520円

LINEモバイルおすすめポイント

1.主要SNSのデータ通信料なし

1番のおすすめポイントは、SNS系のアプリ、LINE、Twitter、Facebook、Instagramをデータ消費なしで使うことができること。

SNSカウントフリーを謳っている格安SIM会社は他にもあります。

ですが、それはオプションで追加料金がかかったり、別回線を通るため通信速度が遅すぎたりします。

中にはLINEが対象でなかったり、YouTubeとTwitterのみが対象のものだったりします。

料金プラン・通信速度・対象SNSの数を見ても、LINEモバイルが断トツNo.1です。

日常的に使用する機会の多いSNS。

このSNSが通信速度そのままで使い放題というのは本当に嬉しいサービスですね。

2.LINEの年齢認証ができる

LINEアプリで知り合いや友人を探すのに便利なID検索。

ID検索ができないと、直接「ふるふる」や「QPコード」を使用して友人を追加しないといけません。

このID検索を使用可能にするためには年齢認証が必要となります。

年齢認証は、他の格安SIMではできず、ドコモ、ソフトバンク、auなどの大手キャリアでしかできません。

格安SIMで年齢認証を行え、LINEのID検索ができるようになるのはLINEモバイルだけです。

また、データ通信のみのSIMタイプでも、LINEアカウントを作ることができるのもおすすめポイントです。

3.ソフトバンク回線の通信速度が速い

格安SIMを購入するにあたって一番の心配点は通信速度。

「安いだけあって通信速度が遅く、全然使い物にならない!」というのを良く耳にしますよね。

ほとんど全ての格安SIMは、平日の昼間は「0.1Mbps〜0.4Mbps」に速度が極端に低下してしまいます。

ですが、LINEモバイルのソフトバンク回線なら最低1Mbpsの速度保証が付いており、平日の昼間でも、さくさく快適に使うことができるのです。

LINEモバイルには、ドコモ回線とソフトバンク回線の2つの回線があります。

これは自身で選択可能です。

ドコモ回線の通信速度も悪くはないのですが、他の格安SIMと比べるとあまり大差はありません。

ですが、ソフトバンク回線の通信速度は間違いなくトップレベルです。

LINEの公式HPでもソフトバンク回線での格安スマホ最速を公言しており、1Mbps以上を常にキープしています。

通信速度を重視するなら、ソフトバンク回線を選びましょう。

4.LINEポイントが貯まる

LINEモバイルは、月額基本使用料の1%をLINEポイントとして還元します。

貯まったLINEポイントは、携帯料金の支払いにも使えます。

他にも、LINEスタンプなどのLINEアプリ内コンテンツの購入、Amazonギフト券やLINE Pay残高などに交換できます。

月々の支払いで貰えるLINEポイントを効率よく貯める方法は、LINE Payで支払うこと。

LINE Payで支払うことで、「月額基本料金の1%」+「LINE Pay利用還元ポイント」を手に入れることができます。

LINE Payには、マイカラー制度があり、カラー別に0.5~2%ポイントの還元率が設定されています。

つまり、最大で3%のポイントが還元されます。

支払いをLINE Payでするようにし、効率よくポイントを貯めましょう。

5.お得な通話アプリ「いつでも電話」

LINEモバイル料金プランには、残念ながら電話通話料は含まれていません。

月の支払金額は、料金プラン+電話通話料となります。

ですが、音声通話SIMを契約の人は、とってもお得な通話アプリ「いつでも電話」が利用できます。

月額利用料0円で通常20円/30秒の通話料が半額の10円/30秒で利用できます。

オプションで10分電話かけ放題プランもあります。

こちらは月額880円かかりますが、10分以内の国内通話が回数無制限で利用可能です。

通話時間が10分を超えると、通話料10円/30秒となります。

※アプリ「いつでも電話」が利用できない場合、「0035-46」を番号の先頭に付けて発信することで利用できる。

※緊急通報(110番、118番、119番)やフリーダイヤル、ナビダイヤル(0570)など、一部発信できない番号帯がある。

6.初月の月額基本使用料0円

LINEモバイルは利用開始日~月末までの最大1ヶ月間、月額基本利用料0円で利用できます。

例えばMUSIC+プランを契約する場合、3,520円もお得になります。

利用開始日は、MNP (乗換え) 申込みの場合は、自宅にSIMが届き、開通の手続きが完了した日、新規申込みをした場合は、SIMが発送された2日後となります。

契約する際、契約開始日を計算して初月無料のサービスを最大限活用しましょう。

7.データ通信量を翌月繰り越し・家族や友人とシェア

LINEモバイルは、余ったデータ通信量を翌月に繰り越すことができます。

月末になってデータ通信量がまだ残っている場合、その残っているデータ通信量が全て翌月に繰り越されます。

繰り越しできるのは1ヶ月分のみです。

繰り越し後の翌月には消滅してしまうので注意しましょう。

毎月繰り越しのデータ通信量が発生するようであれば、料金プランが合っていないということなので、容量の1ランク少ないプランに変更することをおすすめします。

また、余ったデータ通信量は家族や友人にプレゼントすることもできます。

1回にプレゼントできるデータ通信量は、500MB・1GB・1,5GB・2GB・2,5GBの5つから選択することができます。

1ヶ月にプレゼントできるデータ通信量は、契約しているデータ通信量の内であれば制限はありません。

データプレゼントは、LINEモバイルユーザーであれば誰とでもすることができます。

ソフトバンク回線を利用していてもドコモ回線を利用していても、回線は関係なくプレゼントすることができます。

プレゼントされたデータ通信量は、プレゼントされた月内でのみ有効です。

翌月には消滅してしまうので注意しましょう。

LINEモバイルのデメリット

初期費用がかかる

LINEモバイルを新しく契約する場合、初期手数料が発生します。

登録事務手数料3,000円
SIMカード発行手数料400円

合計3,400円が月額基本料金に足された金額が初回に請求されます。

この登録事務手数料は、LINEモバイルが行っている紹介キャンペーンやその他のお得なキャンペーンで実質0円とすることができます。

新規契約する際は、お得なキャンペーンを利用して少ない出費で新しいSIMを手に入れましょう。

ちなみに、SIMカードを紛失したり、SIMの大きさを間違ってしまった場合、再発行・サイズ変更・交換手数料として3000円がかかります。

音声通話SIMは12ヶ月の最低利用期間がある

データSIM、データSIM (SMS付き)には設けられていませんが、音声通話SIMを契約した場合、12ヶ月以内に解約やMNPをした場合、9800円の解約手数料がかかります。

乗換えを希望している場合、1年は我慢し、12ヶ月目に忘れず解約手続きを行いましょう。

電話かけ放題のプランがない

LINEモバイルは、電話かけ放題のプランがないため、電話をかけると通話料金20円/30秒が発生します。

音声通話SIMで契約の場合、「いつでも電話」を使うと通話料金が10円/30秒と安くはなりますが、決して安いとは言えないでしょう。

国内通話10分電話かけ放題 (月額880円) プランもありますが、1回の通話時間が10分を超えると、超過後の通話料金10円/30秒が発生します。

長電話をする場合は、LINE電話など無料で電話ができるアプリを使用するなど工夫をしましょう。

キャリアメールが使えない

LINEモバイルは、ドコモ・ソフトバンク・auで貰えるようなキャリアメールは貰えません。

メールが必要な場合は、GmailやYahooメールなどのフリーメールを取得する必要があります。

今現在は、Gmailなどのフリーメールが主流とありつつあります。

LINEモバイルの契約を考えている人は、これを機に取得してみてはいかがでしょうか。

LINEモバイルの口コミと評価

料金プランについて

つぶやいている人のほどんどが「月にかかる携帯料金が安くなった!」「乗換えて良かった!」と投稿しています。

通信速度について

人気の回線は、ドコモ回線ではなくソフトバンク回線のようです。

ドコモ回線はソフトバンク回線には劣るものの、それでも他の格安SIMと比べると見劣りはしないようです。

まとめ

いかがでしたか?

LINEモバイルに乗換えるまでは、携帯料金は月に8,000円近くかかっていました。

それが今では、コミュニケーションフリーの5GB・音声通話SIM+10分電話かけ放題で月額3,800円になりました!

月に4,000円以上節約することができたのは本当にありがたい。

毎日使うLINEも無料で使えるし、通信速度も速く、電話音声も快適!

今のところ不便さを感じたことはありません。大変満足しています。

検討中の人にも、初めて知った人にも本当におすすめできるLINEモバイル。

LINEモバイルを始めて、あなたの携帯料金を1円でも安くしてみませんか?

LINEモバイルLINEモバイル

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク