ワキガとは?ワキガの原因とワキガチェック

ワキガとは?

ワキガとは、医療用語では腋臭症(えきしゅうしょう)。

皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で、独特の臭いを発生する症状のことを言います。

ワキガは病気ではなく体質によるものです。

ワキガの原因

脇にはエクリン腺とアポクリン腺という2種類の汗腺があります。

エクリン腺

暑い時や運動した後に出る汗はエクリン腺から出ており、その汗は約99%が水分で構成されているためサラサラしています。

臭い自体の原因とはなりませんが、人の体質により異なる特有の臭いを発生させます。

むわっとした臭い、酸っぱい臭い、汗臭いと言われる臭いは、このエクリン腺から出た汗によるものです。

アポクリン腺

アポクリン腺からでる汗は無臭で、乳白色または少し黄色い色をしています。

脂質やアンモニア成分、タンパク質等の栄養素を多く含んでおり、エクリン腺から出た汗や雑菌と反応し、皮膚表面の常在菌によって分解され、ツーンとした鼻を刺す腐臭のような独特の臭いを発生させます。

アポクリン腺から出る汗には、色素成分を含んだリポフスチンが含まれており、その色素成分が衣服になかなか落とすことのできない頑固な黄色い汗ジミを作り出します

特徴 臭い
エクリン腺 暑い時や運動後に出る汗。
サラサラしている。
むわっとした臭い、
酸っぱい臭い、汗臭い
アポクリン腺 無臭で乳白色または少し黄色。
衣服に黄色い汗ジミを作る。
分解後、ツーンとした鼻を刺す
腐臭のような独特の臭い

【結論】
ワキガの原因となる汗は
アポクリン腺から発生!

ワキガは遺伝によるもの?

欧米人の約80%、日本人の約10%がワキガだと言われています。

ワキガは優性遺伝です。

優性遺伝とは「受け継がれやすい遺伝」のことです。

両親ともにワキガの場合は80%の確率で、両親の片方がワキガの場合は50%の確率で遺伝します。

ワキガはいつ発症するの?

ワキガの原因となるアポクリン腺は、第二次成長期に成長し発達するといわれており、思春期以降にワキガになると言われています。

男の子は9~13歳、女の子は7~12歳くらいにあたります。

また、アポクリン腺はホルモンとも密接な関係をもっており、ストレス等によってホルモンバランスが崩れるとアポクリン腺から出る汗の分泌量が増え、その結果、臭いを増幅させてしまうことになります。

ワキガチェック

耳垢が湿っている

→ ワキガの可能性あり

耳の中はワキガの原因であるアポクリン腺が発達しています。

耳垢が乾燥していれば、ワキガ体質ではありませんが、耳垢が湿っている場合、ほぼ100%の確率でワキガの可能性があります

軽く湿っている程度なら軽度のワキガ体質、ベットリとした耳垢の場合は、重度のワキガ体質と言えます。

衣服の脇の下にできた黄色い汗ジミが落ちない

→ ワキガの可能性あり

人は汗をかくものなので、誰にでも汗ジミはできます。

ポイントは、洗濯後も黄色い汗ジミが残っているかどうかです。

これは、ワキガの原因となるアポクリン汗腺から分泌されるアポクリン汗の成分の中の蛍光物質や色素に原因があるからです。

また特徴として、境目がはっきりしない通常の汗の黄ばみと異なり、ワキガの黄ばみはくっきりと脇のかたちに黄ばむことが多いので、よく確認しましょう。

親類にワキガの人がいる

→ ワキガの可能性あり

ワキガは優性遺伝です。

優性遺伝とは「受け継がれやすい遺伝」のことです。

両親ともにワキガの場合は80%の確率で、両親の片方がワキガの場合は50%の確率で遺伝します。

どちらかというと毛深い

→ ワキガの可能性あり

毛量とアポクリン腺の数は比例します。

そのため、毛深いということはワキガの原因であるアポクリン腺の数も多いということになります。

また、体毛が多いと汗や皮脂などの分泌物が毛の根元に残りやすく、細菌が繁殖しやすくなるので、ワキガを促進させてしまうことになってしまうのです。

男性の場合は細くふわふわしたわき毛の人に、女性の場合は1つの毛穴から毛が2本生えている、毛が濃くて太いという人にワキガの症状が現れやすいです。

野菜よりお肉が好き

→ ワキガの可能性あり

穀物や野菜を主に食べ、タンパク質は魚や豆類から摂取していた日本人は、本来体臭の少ない民族でしたが、時代の変化とともに食文化も欧米化し、その結果、今現在もワキガで悩む人が増えています。

原因はお肉やチーズ、バターなどの乳製品中心の高カロリー、高脂肪な食事

普段良く口にするであろうこれらの食事は、摂取カロリーがオーバーしがちで、余分なカロリーを皮下脂肪に蓄積します。

蓄積された皮下脂肪はアポクリン腺や皮脂腺を刺激し、その働きを活発にさせてしまいます。

>>まずは何から!?ワキガの対策方法の詳細はこちら

まとめ

いかがだったでしょうか?

ワキガの原因とワキガチェックで、自身のワキガの可能性について知れたのではないかと思います。

あくまでもセルフチェックなので、もっと正確にワキガのチェックをしたい場合は、病院を受診しましょう。

ワキガは皮膚科形成外科美容外科で診療できます。

ワキガ診療対象外のクリニックもあるので、あらかじめ電話で確認をしてから受診することをおすすめします。

ワキガについてまず知り、自分に合った対処法を見つけていきましょう!

東京プラチナムクリニック定期購入/薬用ネオテクト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク