要注意!ワキガを増幅させてしまう食べ物とは!?

ワキガで悩んでいるあなた。

知っていますか?

実はあなたが好んで食べている食事、知らない内に、あなたを煩わしているワキガの臭いを増幅させてしまっているかもしれませんよ?

どんな食べ物がワキガの臭いを増幅させる効果を含んでいるのか、どんな食べ物がワキガ予防に打ってつけなのか、しっかり勉強しましょう!

ワキガ予防のために注意したい食べ物

  • お肉や卵
  • バターやチーズなどの乳製品
  • 脂っこい食べ物
  • 添加物や油分の多いジャンクフードやインスタント食品
  • ニンニク・たまねぎ等の臭いの強い食べ物
  • 香辛料を多く使った辛い食べ物
  • お酒とたばこ

お肉や卵、乳製品

ワキガ独特のツーンとした鼻を刺す腐臭のような臭いは、ワキガの原因源であるアポクリン腺から出た汗が、皮膚上の常在菌によって分解された時に発生します。

そして、アポクリン腺から出る汗は脂質やアンモニア成分、タンパク質等の栄養素を多く含んでいます。

つまり、お肉や卵、乳製品など、動物性脂質・たんぱく質を多く含んだ食品を摂取すると、ワキガの原因源であるアポクリン腺を刺激し、結果、汗の分泌量を増加させてしまうのです。

脂っこい食べ物やインスタント商品

お肉や油分の多い食べ物は、アポクリン腺の働きを活発にさせてしまうだけではなく、皮脂の分泌も活発にしてしまいます。

特にリノール酸を多く含んだ植物性油は要注意です。

リノール酸を多く含んだ植物性油は体内で酸化してしまい、臭いの原因になるだけでなく、血中コレステロールや中性脂肪も増やしてしまいます。

リノール酸を多く含んだ植物性油は、紅花油やなたね油、ごま油など。

マヨネーズやマーガリン、スナック菓子にも多く含まれているので気を付けましょう。

皮脂の分泌が活発になると、体臭が強くなり、ワキガ臭と体臭が混ざり、更なる悪臭を生み出してしまうので、本当に要注意です。

ニンニクや玉ねぎ、香辛料

ニンニクや玉ねぎ、香辛料など、臭いの強い食べ物は、汗に臭いが直接移ってしまうため、臭いの移った体臭とワキガ臭が混ざり、結果臭いを強めてしまうことになります。

ニンニクを食べたあと、体臭がニンニク臭くなってしまったという話はよく耳にしますね。

一度に摂取する量に気を付けましょう。

お酒とたばこ

お酒とたばこは、健康のためによくないだけではなく、ワキガにもよくないのです。

まずはアルコールについて。

アルコールには発汗作用があり、通常の汗が出るエクリン腺だけではなく、ワキガの原因源であるアポクリン腺も刺激してしまうのです。

さらに、アルコールは、体内で分解されると臭いの強い物質に変化します。

ニンニクなどの臭いの強い食べ物と同様に、体外に放出され、ワキガ臭と混ざり、更なる悪臭を生み出してしまうのです。

たばこも同様に、ワキガの原因源であるアポクリン腺を刺激し、汗の分泌を促すだけでなく、臭いそのものも強くすると言われています。

また、たばこには、ニコチンやタールをはじめ、200種類以上の危険物質が含まれています。

100害あって1利なしです。

健康・ワキガ予防のためにも、お酒とたばこの摂取はできる限り控えましょう

ワキガ予防に効果的な食べ物

  • 野菜や魚介類を中心とした和食
  • 植物性の脂質
  • 緑茶
  • アルカリ性の食品
  • ビタミンACE

野菜や魚介類を中心とした和食

脂肪分の多いお肉を好む欧米人、脂肪分の少ない魚を好む日本人。

それに比例するかのように、欧米人の約80%、日本人の約10%がワキガだと言われています。

時代の変化と共に食文化も欧米化が進み、その結果、ワキガ人口を増加させてしまっているのです。

確かに健康な身体を維持するために、動物性脂質・たんぱく質は大切な栄養素です。

ワキガの原因になるからと神経質になり過ぎず、摂取する際、脂肪分の多いお肉ではなく、脂肪分の少ない魚介類を選択することを心がけましょう。

植物性の脂質

料理を作る際に欠かせないのが油。

リノール酸が少なく、抗酸化作用が強く、オレイン酸が豊富なオリーブオイルを使用しましょう。

酸化を防いでくれる抗酸化物質を多く摂取するとワキガ臭予防に効果大です。

緑茶

健康に良いとされる緑茶には、茶カテキンの他にビタミンCやEも豊富に含まれています。

抗酸化作用、殺菌効果があるため、消臭効果が期待できます。

また、茶カテキンは中性脂肪を減少させる効果もあることが判明されており、ダイエットにも効果があると話題になっているだけではなく、便秘予防、認知症予防、ガンやガンの転移の予防、など様々な効果も期待できます。

アルカリ性食品

汗は脂肪酸が酸化する時に臭いを発生します。

酸化を防ぐために、体内をアルカリ性に保つことが重要です。

そこで頼りになるのがアルカリ性の食品。

代表的な例は、梅干し、しいたけなどのきのこ類、めかぶなど。

普段の食事の中に取り入れてみましょう。

ビタミンACE

ビタミンA:魚類や緑黄色野菜
ビタミンC:果物や芋類
ビタミンE:ナッツ類や魚卵など

この3つのビタミンは強い抗酸化作用を持っており、体内に蓄積されたワキガ臭や体臭のもとである活性酸素を取り除いてくれます。

抗酸化作用により活性酸素を取り除くことで、臭いを抑えることができるのです。

身体の中から体質改善!水溶性ケイ素の力

ワキガに特化した商品やクリニックでの治療によってワキガを対処するのが主流となっていますが、ワキガで悩んでいる人たちの中で今大注目のワードがあるんです。

それは水溶性ケイ素

水溶性ケイ素とは、身体を構成する上で欠かすことのできない必須ミネラルの一種で、医療先進国であるドイツをはじめ、ヨーロッパ、アメリカなど世界各国で今大注目の物質です。

水溶性ケイ素のもたらす効果は、美容やダイエットをはじめ、現代における健康問題や難病克服のための効果も期待できる、幅広い分野で無限の可能性を秘めた物質なのです。

水溶性ケイ素を摂取することで、毛髪や爪などの皮膚細胞の活性化、シミ・しわ・たるみといった肌の悩みの改善、骨や歯のカルシウム成分の不足の強化と補助など、想像を超えた効果を期待できます。

ワキガ対策商品やクリニックでの治療に頼らず、ワキガ体質を根本から改善することができるのです。

>>話題沸騰!水溶性ケイ素についての詳細はこちら

>>効果抜群!水溶性ケイ素 -umoGREEN- の詳細はこちら

まとめ

食事療法だけでは、残念ながらワキガを治すことは不可能に近いと言えます。

ですが、ワキガを予防するための対策として食事療法の効果は期待できます。

近年、日本人の食文化は欧米化しています。

動物性脂質・たんぱく質を多く含んだお肉や乳製品、ジャンクフードを口にする機会は多いと思います。

全く口にするな!ということではなく、摂取量を気を付けることが大切なのです。

そしてワキガ予防に最適な食材を積極的に口にするよう心がけましょう。

また、自然療法でワキガをどうにかしたいという人、水溶性ケイ素がおすすめですよ!

水溶性ケイ素は本当に効果が期待できるおすすめのワキガ対策法です。

騙されたと思って試してみてください!


珪素のちから

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク